小鳥遊葵(たかなしあおい)のブログ

雑多なことを、気ままに書き連ねている「場」です。

日本対ウルグアイ。

 今日の試合はよかった。

これがたとえ敗けていても、よかった、と言うと思う。

何がいいかって、動きにキレがあった。運動量が落ちなかった。

相手は世界5位の強豪。それに勝つ。日本は若いのに替えているし、これはかなりの自信になるんじゃないだろうか。

唯、あの1点は余計だった。キーパーにパスしたあの場面。そのキーパーの傍に相手側が一人いることに気づかなかったんだろうね。

個人的には後ろに回すパスは性格的に嫌い。昨日までのバレーボールもそうだけれど、

これもやはり、個人的には、あのフェイント戦法は好きじゃない。

野球では見逃し三振が大嫌い。

というように、好みから言えば、パスは常に前に出してほしいし、フェイントではなく、どうせ敗けるのなら、スパイクで攻めてほしい。

見逃しするぐらいならバットを振り回して三振してほしい。振ればたとえ万が一でもバットに当たることもある。

そんな見方をしているからか、大活躍と称賛されている大谷も何か物足りない。三振が多すぎる。そして、見逃しが。

 だけど、フォームはとても綺麗。そして当たれば飛ぶ。あれで日本のプロ野球の二番バッターのようなくさい球をカットする技術をマスターすれば、驚異的なバッターになるだろうと思う。

f:id:kugunarihama:20181017002456j:plain

 

 ともあれ、今日のサッカーは久しぶりに観ていて気持ちよかった。あんなにいい試合をしても、セルジオ越後さんはきついことを言うのだろうか。明日の新聞が愉しみ。

新刊。

 今日、11月に刊行する新刊のゲラが届いた。
19日までにチェックし、版元に送り返さなければならない。
これが最終チェックとなる。
 これまでもずっとそうだったが、私は一度仕上げて編集担当に送ると、書いた内容を忘れてしまう。
今回もそうで、ゲラを一通り見て、思い出しはするのだが、何かしら新鮮な気持ちで事に当たっている。


 これっておそらく、いいのだと思う。すべて書いたのを記憶していると、次作にも同じような場面が出て来るように思うからだ。
 むろん、同一人物が書いているので筋や書き方は類似して当然だが、忘れることにより、ディティールは多少なりとも違ってくる。
 そしてこのゲラだが、前回は直しどころ満載だったが、今回は余りなく、午後一時ごろに宅急便で送られて来て、この午後6時までで半分は終わった。
明日は日曜で郵便局は休みなので、明後日月曜には投函出来るだろう。締め切り日までにはだいふ余裕がありそうだ。
ゲラを送ればあとはもう、本、という形になるのを待つばかり。次のオファが来るか来ないかは判らないが、一、二ヶ月は時間的な余裕があり、他の書き物も進められそうだ。


 同業者はどうか知らないが、私はいつも、これが「最後」かも知れないという気持ちでいる。オファが来なければ仕方がない、と割り切ってもいる。
 需要があれば依頼が来る。買って読んでくれる人が少なくなれば依頼はなくなる。
何でもそうだ。商売も客があればこその商売なのだ。
そう思えばすべてが何てことはない。唯、書いて出す以上は、多くの人に読んで欲しいと思う。それもまた、当然のことではある。

この時期。

出版社別文庫新刊案内

 

 11月に刊行される予定の新作が出るまでは暇。

とはいっても、日々、色んな分野のものを書いてはいるが。

刊行されるとは判っていても、上記の新刊案内で紹介されると、何となく安心する。ま、これも無名故の心配なのだろうけれど。

 今はゲラ待ち。もうそろそろ届くかな?

 今度ので今年は三冊。これが多いのか少ないのか、どうなのだろう。

可能なら四冊、と言いたいところなのだが、底辺にいる書き手にとっては無理な相談だろうね。一度、年に二冊ってときもあったから、恵まれている、と思ったほうがいいのかな? とも思う。

f:id:kugunarihama:20181011182504j:plain

 

 だいぶ朝晩は寒くなった。まだ炬燵もストーブも点けてはいないが、一応、出してセットだけはした。

それにしても早いね。ついこの間まではクーラーをガンガン点けていたのに、もう、暖房の季節。すぐに冬が来て、あっという間に正月。すでに年賀状云々もニュースで報じられているし、いやはや、また一つ、歳をとる。

この年齢の重ね着は重ねるごとに、余計に寒く感じるし、干されるような暑さも感じ、鬱陶しいこと甚だしい。

f:id:kugunarihama:20181011182622j:plain

台風。

今度の台風。日本中、満遍なく荒らし回り、あちこちで被害が出ているようですね。

被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

三陸の島であるこちらも珍しく進路にあったようですが、個人的には昨夜の通過も知らず、熟睡していて、むしろ、朝、眼醒めての夏真っ只中ののような暑さに愕きました。

 

 今日は島と町を結ぶフェリーも午前中は欠航していて、一日中、家に閉じこもっていました。そのぶん、原稿書きは捗り、今はぼんやりしているところです。

 

 昨日一昨日と親類に不幸があり、通夜、葬儀と出かけ、忙しい数日でしたが、昨日の朝、島の同級生から届いた松茸を今夜これからいただくこど、また明日からの活力になりそうです。いくつになっても、同級生ってのはいいですね。

f:id:kugunarihama:20181001175903j:plain

f:id:kugunarihama:20181001180025j:plain

f:id:kugunarihama:20181001180120j:plain

進捗状況。

 猛暑だ、酷暑だと、この異常な暑さに様々な言葉が飛び交っているが、今年の暑さはどの呼び方も相応しくないような暑さだ。

 暑さも寒さも滅法強いほうだが、さすかに何もする気にはなれず、もっぱら、エアコンを点けっぱなしでテレビばかり観ている。

 当然、原稿は滞りがちになる。夜中に書こうとおもうのだが、その時間帯も昼と変わらず暑い。困ったものだ。

 今は一日に書く枚数は、十枚に届かない。まだ一か月半の時間があるとはいえ、それ以外にも珍しく予定があるので、はやいとこ、たとえ粗削りであっても終わらせて一息つきたいのだが、昨日までで文庫本設定で150頁までしか仕上がってない。

 残り半分といったところだろうか。

 それにしても暑い。いま試しに一階から二階の書斎に来てみたが、まるでサウナ状態で、一行ですら書く気にもなれず、呆然としている。

 この暑さ、いつまで続くのだろうか。いやいや、もう日本は亜熱帯領域に属しているのかも知れない。

 どうしようもないところだが、不思議なことに食欲だけはある。けれど、暑くて動く気にすらなれないのに食欲だけは衰えないってのは、それはそれで困ったことになる。みるみる肉がつく。とくに腹。困ったものだ。

f:id:kugunarihama:20180815182834j:plain

まるで、トドだ。

 これまでは四季の変化に感じ入っていたのだが、この暑さが続くようだと、そんな嗜好もどこかにすっ飛ぶ。

 この歳になると、もう四季などいらない。二季―春と秋だけでいい。

 

 ふぅ、どうしたら原稿が進むのだろうか。昨年のいまごろは、こんなこと、言わなかったような……。

 

 数日前、この三陸の島で花火大会があった。なかなかよかったが、花火を撮るのは難しい。

f:id:kugunarihama:20180815183603j:plain

f:id:kugunarihama:20180815183725j:plain

大谷翔平。

 一昨日が八号。今日に到っては九号特大ホームラン。

ベースボール本場のメディアも愕きの飛距離のホームランで拍手喝采というところだが、私は天邪鬼なので不満もある。

 それは三振が多すぎる、ということだ。それにあんなにも左投手に弱いのでは少し興ざめするところもある。

 今日の最終打席のと三打席目。ボールだと自信をもって見送ったのだろうが、アメリカはストライクゾーンが嘘みたいに広い。

 それは判っているはずだから、あの場面は絶対カットして凌ぐところだと思うのだが、彼には意識的なカッティング技術はまだ、備わっていないのだろうか。

 指名打者で左投手のときはベンチスタートなので、打席数は少ない。それで二割八分そこそこでは、ホームランはスカッとするが、何かしら物足りない。

 どうも見ていて淡泊すぎる。

 とはいうものの、やはり、凄いことは凄い。

ホームランはあと一本で十本に到達だから、次はピッチャーとしての数字。

いまのところ四勝一敗。

十勝するにはいまのところいつ投手として出てくるかわからないので、ちょっと無理かもしれないが、来期は必ずや期待に応えてくれると信じて疑わない。

 

 なんだかんだとファンは好き勝手なことを言うが、それもこれも期待していればこそ。二刀流なので記録には残らないだろうが、あのアメリカ全土に鮮烈な記憶として残るような選手になってほしい。

 いいバッターであり、百六十キロの球を投げ、全米ベースボール界でも屈指の韋駄天。すべてが揃っているが、願わくばそれにプラス貪欲さが出てくれば、鬼に金棒だろう。

 明日の試合が愉しみでもある。

新作。

 あちこちで想定外の猛暑の様子が伝えられていて、豪雨被災地は大変だろう、と東日本大震災で大津波をモロに体験しているだけに、被災者の気持ちを察して、一日でも早い復旧復興を祈っている。

 

 さてこの猛暑、棲んでいる三陸の島も同様なのだが、今日に限っていえば、とても涼しい。クーラーや扇風機も使わず、今日は一日中、快適に過ごした。

 こうしてみると、日本ってけっこう広いんだな、と思う。同じ県内である仙台辺りは相変わらず暑いらしいのに、ここは秋のような涼しさなのだから。

 もっとも夏は気仙沼より平均三度ぐらい涼しく、冬は逆に三度ほど温かい。海に囲まれている島。その環境の影響なのかも知れないが。

f:id:kugunarihama:20180723183853j:plain

 

 新作。書き始めたのが三日前。文庫本フォーマットでまだ26ページしか進まない。それでも一日平均、原稿用紙換算で13枚だから、まずまずの進捗状態だと思う。

いつも締め切り間際になって尻に火が点かないと集中しない怠け者なので、今回は異例。ま、しかし、これがいつまで続くか自分でもわからないのだが。

f:id:kugunarihama:20180723184011j:plain

 

 時間は売るほどあるのだが、書いている時間は以前とまったく変わらず、一日に精々二時間。集中して書けば一冊分ぐらい一か月もあれば仕上がりそうなのに、心身共にそこまではしゃかりきになれず、今日も昼はずっと、庭の草取りをしたり、貰ってきたときには150gほどしかなかったのに、もう1キロ超えに達した猫とじゃれたりと、何ら生産性のない一日となった。

f:id:kugunarihama:20180723184200j:plain

 

 もう日が暮れて、そろそろ夕ご飯。今夜も何とか予定枚数は書こうと思うのだが、ぼんやりしているので、ズルしそうな予感もある。