小鳥遊葵(たかなしあおい)のブログ

主に短中超編の、埃をかぶっている小説を発表しようと思ってのブログです。よろしくお願いします。

初体験。

 締め切り日が決められていて、その日に何とか原稿を仕上げた。

こんなことは初体験。これまではだいぶ余裕をもって書き終えていた。

 書き始めて三か月。これは時間的にはかなりの余裕。

 けれど、二か月間は店の仕事や葬式が二つ連続であったりと、何やかやと忙しなく、フォーマットで十枚ぐらいしか進んでいなかった。

 そんなこんなで、正味一か月程度の時間しかなかった。しかも店は毎日のことなので、書く時間は一日に2時間あればいいほう。

 それでも何とか仕上げたが、まだ疲れが抜けない。

 やく470枚(400時詰め原稿用紙換算)。それを1か月で書くとなると、一日でおよそ15枚。けっこうな肉体労働でした。

 大したものを書いているわけではないが、引き受けた以上、それがいつ刊行されようと、締め切り日までには仕上げる。それだけはいつも肝に銘じている。

 

 毎度のことだが、いまはただ、ぼぉーっとし、椅子の背に体をあずけたまま手足を投げ出している。